Press "Enter" to skip to content

脱毛が皮膚に与える影響は無視できない?各脱毛方法による皮膚へのダメージ

毛抜きで毛を抜く場合の皮膚への影響

毛抜きによる脱毛は一見皮膚へのダメージが少なそうですが、毛根は皮膚に根を張ってしっかり繋がっているため毛抜で抜く場合は引きちぎるような形になってしまいます。これにより、皮膚に裂傷という形のダメージが残ってしまい、場合によっては僅かな出血を伴うこともあります。

カミソリで毛を剃る場合の皮膚への影響

カミソリで毛を剃る際は、鋭い刃先が皮膚を擦る形になります。鋭く硬いカミソリの刃は柔らかく弱い皮膚の細胞壁を破壊してしまうため、肌から水分が奪われて肌荒れが起こりやすくなるのです。また、細胞壁の破壊された皮膚はヒリヒリとした痛みを伴うようになります。

除毛クリームで毛を溶かす場合の皮膚への影響

除毛クリームで毛を溶かす場合は、毛を溶かす成分に対して肌がアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。免疫細胞の無差別攻撃によって患部が腫れてしまうような形で肌へのダメージが起きてしまうことになるでしょう。

レーザー脱毛などで毛根を焼く場合の皮膚への影響

レーザー脱毛による脱毛は、毛根の黒いメラニンにレーザー光が反応して高温になることで毛根を死滅させます。局所的に非常に高い温度になるため、軽いやけどの症状に似た肌荒れが起きることになります。箇所が非常に小さいのですぐに冷やすなどの適切な処置によりダメージの軽減が図りやすいのですが、レーザー脱毛はまず毛根以外の毛を剃る必要があります。そのため、レーザー脱毛する場合はレーザーによる軽度のやけどに加えて、事前に剃るためカミソリの刃による肌の細胞壁破壊のダメージの両方があるため、注意が必要です。

ムダ毛の処理をしてもらうために、医療脱毛を選択するならまずはどこの医療機関で対応しているか、口コミで評判が良いかをチェックしましょう。