Press "Enter" to skip to content

agaになってしまった!効果的な対策とは?原因も紹介

agaにはどうしてなるの?

頭頂部か生え際、もしくはその両方がが薄くなってくると、agaの可能性があります。放置していると進行するので、早めに対策することが大切です。agaは男性ホルモンのテストステロンが原因で起こります。ただし、テストステロン単体では問題なく、5αリダクターゼという酵素と結びついてDHT(ジヒドロテストステロン)に変性することが問題です。DHTは毛乳頭に存在するレセプターと結合する力が強く、結合するとTGF-βが増えます。これは脱毛因子と呼ばれるもので、成長期にある髪が抜けるように作用する厄介な存在です。作用した結果、まだ伸びるはずだった髪が抜け落ちてしまい薄毛になるのです。

agaが起こらないためにはどうすれば良い?

男性ホルモンがあっても5αリダクターゼがなければDHTは生成されず、DHTがたくさん生成されてもレセプターがなければ脱毛が促されることはありません。薄毛になる男性とならない男性がいるのはレセプターのあるなしによるところが大きく、これには遺伝が関わっているとされています。レセプターを減らすことはできないため、aga対策では5αリダクターゼの活動を抑え、DHTが生成されないようにすることが重要です。

aga対策のもっとも効果的な方法は病院で治療すること

薄毛を気にして育毛剤や育毛シャンプーを使用する人もいるでしょう。しかし、これらでDHTの生成を抑制することはあまり期待できません。もっとも効果的なのは病院で治療を受けることです。皮膚科でも診てもらえますが、高度で専門的な治療を受けたいのであれば「AGAクリニック」「頭髪外来」などを受診すると良いでしょう。病院での基本的な治療は、5αリダクターゼの働きを阻害する内服薬や発毛を促進する外用薬の処方です。治療を始めてもすぐに効果はでないので、最低でも6カ月程度は続けましょう。

agaを仙台で治療するためには、専門店を利用するのがおすすめです。男性だけでなく女性でも治療を行える専門店があるため、薄毛の悩みを解消するのに活用することができます。