Press "Enter" to skip to content

子供でも安心!キッズ脱毛の種類と選び方を解説

キッズ脱毛には痛みを感じにくい脱毛方法を採用

大人がエステサロンで施術を行う際に使用されている脱毛器にはさまざまな種類があります。しかし肌を負傷しやすい子供のための脱毛の施術に多く用いられているのは、肌に悪影響を与えない脱毛器「ハイパースキン」です。多くの脱毛方法では毛根を高温で処理するのですが、ハイパースキンで照射する光は低温で強い痛みを感じません。ハイパースキンでは毛根を焼いて処理するのではなく、発毛を抑制します。ハイパースキンと他の脱毛方法を比較すると、痛みだけでなく施術に通うべき周期が異なります。他の脱毛方法なら2~4ヶ月に1度の頻度で施術に通うだけでいいのですが、ハイパースキンだと2~4週間に1度の頻度で施術に通い続けなければいけません。

キッズ脱毛の施術におすすめなタイミング

キッズ脱毛の施術を受けられるようになる年齢はエステサロンごとに異なります。3歳から施術を依頼できるサロンもあれば、16歳以上でないと脱毛施術を依頼できないサロンもあるのです。施術の年齢制限は、エステサロンで扱う脱毛器の種類によって変動します。子供のために脱毛サロン通いを検討している人は、お住まいの地域にあるエステサロンのキッズ脱毛の年齢制限を確認してみてください。また子供の脱毛で大人の脱毛よりも注意しなければいけないのが、施術部位の日焼けです。水泳の授業や運動会など、子供には大人よりも日焼けする機会が多くあります。日焼けしている肌に脱毛器でレーザーや光を照射してしまうと、熱が吸収されやすいため火傷してしまう危険性があるのです。しっかりと日焼けを予防して、肌の色が濃くない状態の時に脱毛施術を受けるようにしましょう。

キッズ脱毛は、施術が可能な範囲や施術時間などに制約がありますが、専用の機器を使うことで長期にわたる効果を得られるため、毛の濃さや太さなどに悩んでいる子供の間でニーズが高まっています。