Press "Enter" to skip to content

歯を大切にしよう!根管治療のメリットとデメリット

歯を抜かずに治療できるのが魅力的なポイント

歯の病気の場合、歯を抜いてしまう治療が選ばれることも珍しくありません。しかし、根管治療では歯を抜かずに治療できるというメリットが得られます。歯は抜いてしまうと新しい歯が生えてくることがないので、自分の歯を残しておきたい人にとっては根管治療は魅力的な治療方法でしょう。根管治療では歯の中を綺麗に消毒する方法を取るので、虫歯の進行を食い止めることができるというメリットが得られます。初期段階で根管治療を行えば、虫歯による歯の悪化も軽減できます。根管治療では神経を除去することになるので、虫歯による痛みがなくなります。虫歯の痛みが我慢できない人は、根管治療で虫歯の痛みをなくしてみるのが良いでしょう。

虫歯の再発に気付きにくい

根管治療のメリットである虫歯の痛みがなくなることが原因で、虫歯の再発に気付きにくいというデメリットも生じます。痛みによって虫歯に気付く人が多いので、痛みがなくなると虫歯に気付かない人が増えます。虫歯に気付かずに歯の状態を悪化させるリスクが高いです。このデメリットを考えれば、根管治療を受けた人は毎日歯の状態を鏡でチェックしておくのが良いと言えます。鏡でチェックしておけば、虫歯になったときに気付きやすくなります。また根管治療は肉眼では見えない部分の治療になるので、医師の高い技術が必要になるでしょう。根管治療に特化した医療設備と専門的な知識と技術を持った医師がいる病院を探す必要があります。しかし、そのような病院が少ないので治療費が高くなるというデメリットも出てきます。根管治療を行う前に資金を確保することが求められます。

根管治療は神経や血管を含む組織の歯髄を除去する治療の事をいい、虫歯や知覚過敏が重症化した際に行われます。治療を行うメリットは、歯を抜かずにすむ事や痛みなどの症状がなくなる事でしょう。